ビッグデータマガジン

IoTとビッグデータが作るコネクテッドワールドへ向けて【Horton works Japan記者会見記事】

time 2018/10/26

IoTとビッグデータが作るコネクテッドワールドへ向けて【Horton works Japan記者会見記事】

ビッグデータマガジン副編集長の谷内です。

今回はデータ処理基盤(Hadoop)の先進企業であるHorton works様の記者会見に参加して参りました。

今、世界にはAIやデータ分析のブームが到来しています。

<参照>AIとは何か?     (ビッグデータマガジン)

AIやデータ分析の技術が大きく高まった背景には。大量のデータが低コストで取得、保持、処理できるようになったということがあります。

そしてAIが処理できるデータは今後更に増え続けるといわれています。

その背景にあるのが、IoT (Internet of Things)技術の発達です。

あらゆるモノがインターネットにつながりそこから膨大な量のセンサーデータが得られるとされています。

<参照>国内IoT市場 コグニティブ(AI)活用動向調査結果を発表

あらゆるものがインターネットに繋がるような社会は「society5.0(超スマート社会)と呼ばれています。

そのような状況の中、コネクティッド・データプラットフォームと呼ばれるデータベースを構築するのがHorton worksの構想です。

ではこの「コネクティッド・データプラットフォーム」を構築するとどのようなよいことがあるのでしょうか。

キーワードは「一貫性」と「双方向のつながり」「リアルタイム性」です。

コネクティッド・データプラットフォームを使うことで、あらゆ種類のデータが一つのデータレイクに集まり、データ収集から分析、データ利用を統一された規格でおこなうことができるようになります。

そしてそれらのデータは必要なときに処理されて、双方向にやりとりができるようになります。

一貫したデータ処理の規格と、双方向につながったアーキテクチャを用いることで、従来のデータベースより大量のデータを安価ですばやく処理できるようになります。

これにより、これからも増え続けると予想されるデータを蓄積し、すばやく処理することが出来ます。

また、近年はデータのリアルタイム分析のニーズが非常に高まってきています。

たとえば、セキュリティの分野や犯罪対策などの分野では、即時性が求められます。

過去のデータを一箇所に集めて分析するだけでなく、大量のデータを即時に分析して利用しなくてはデータ利用のニーズに間に合わないのです。

たとえば、自動運転で、事故が起こりそうになったとき、「この車は事故が起こしそうだ」という情報が一日後にわかっても意味がありませんよね。

そのような際には高速でデータを処理し、あらゆる関係するシステムにも情報を送る必要があります。

Horton worksのコネクティッド・データプラットフォームを使うことでそのようなリアルタイムのデータのやり取りが容易になります。

 

Hortonworksが描く未来 

Horton worksはオンプレミスとクラウドのアーキテクチャが同様にすることを目指しています。

 

現状は上記一つ目の図のように、※オンプレミスとクラウドでアーキテクチャが違うため、そのような一貫したデータのやりとりができない状況です。

もし、オンプレミスとクラウドで同一のアーキテクチャが実演できると、データがどこで生まれたかに関係なく、一貫したルールや方式で処理運用ができるようになります。

結果、データの処理や管理が簡易化され、人的リソースや費用面の負担が軽くなります。

まさに上で説明した、「一貫性」「双方向のつながり」「リアルタイム性」を体現するようなアーキテクチャというわけです。

 

HortonworksはIoTとビッグデータ時代に、大量のデータを高速で処理するためのデータ基盤のメインストリームとなることを目指しています。

ITの未来を見据えたHortonWorksの今後の動きから目が離せませんね。

 

※オンプレミス・・・自社で保有するサーバー

本記事の画像はHortonworks社の許可を得て記載しています。無断転載はご遠慮ください。


【執筆者情報】

谷内 燦久(たにうち あきひさ)

ビッグデータマガジン副編集長。

神戸大学経営学部卒業後、人工知能とビッグデータが世界を変えると確信し、チェンジに入社。研修講師やデータ分析業務、テキスト分析、生産効率化コンサルを担当。


株式会社チェンジではビッグデータを扱うデータサイエンティスト育成の研修も行なっております。AIやビッグデータについてご興味がある方はこちらからどうぞ。

http://www.change-jp.com/service/iot/

株式会社チェンジでは先進的なデジタルトランスフォーメーション研修も行なっております。ご興味がある方はこちらからどうぞ。

    

down

コメントする




CAPTCHA


01_解説

06_統計

09_AI・機械学習

99_おしらせ

ビッグデータ活用 ご相談ください
はじめての機械学習
IoT 企画・活用講座

副編集長のぼやき

月別アーカイブ

連携サイト

ビッグデータ活用 ビッグデータマガジン
 
ビッグデータ活用 ビッグデータマガジン

お問い合わせ

  • 記事に関するお問合せ、
    ビッグデータにまつわるお悩みやご相談等
    お気軽にお問い合わせください

    【お問合せフォームへ】
  •